Transistar

来兎の音楽制作スタジオ【トランジスタ】

自作CDをAmazonで販売する方法2015年版

約 5 分

4年前にはてなダイアリーで書いた記事が今も結構見られているようなのですが、情報が古くなってるので2015年版です。

amazonの「e託販売サービス」を利用することで、個人でも本やCD、パソコンソフトを販売することができます。

おおざっぱな流れ

amazon e託販売サービスに申し込む

JANメーカーコード取得

JANコードを使いamazonに商品登録

amazonから納入依頼

CDをamazonに送る

amazonに自分のCDが並ぶ^^

amazon e託販売サービスに申し込む

Amazon e託販売サービス
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?nodeId=108722011

Amazon e託販売サービスは、出版社・メーカー様の商品をAmazonの配送センターに委託で在庫をお預かりするセルフサービスのプログラムです。

委託する商品に、ISBNバーコードもしくはJANバーコードが印刷されていること(バーコードシール貼付も可)
委託する商品の販売権を有していること
Amazon e託販売サービスで委託が可能な商品であること
2006年9月現在、委託可能な商品は「書籍・雑誌」、「CD、高音質メディア(DVDオーディオ、ブルーレイオーディオ等)、レコード、カセット(国内盤のみ)」、「DVD・ブルーレイ(国内盤のみ)」、および「ソフトウェア(国内盤のみ)」となっています。

e託販売サービスの利用料は年間9,000円。掛率は60%
CDだけでなく、本やDVDも販売できます。

JANコードを取得する

このe託販売サービスを利用するのに必要なのがJANコード。JANメーカーコードを付与してもらい、商品にJANコードを印刷、またはシールを貼る必要があります。

JANメーカーコードを付与してもらうためには「JAN企業コード(JANメーカーコード)利用の手引き」を購入します。

バーコード利用の手引き GS1事業者コード(JAN企業コード)登録申請書付
流通システム開発センター
流通システム開発センター
売り上げランキング: 2,154

Janコードの使用料10,800円(3年分)を振りこみ、書類を書いて最寄りの商工会議所に提出。

これで、自分用のJANコードのメーカー番号が送られてきます。

番号は

付与された番号(9桁)+任意の番号(3桁)+チェックサム(確認用番号1桁)の合計13桁

例:手登根優貴 Melty Angel/最強!アホ毛伝説の場合
melty_cap_15_outsideのコピー
melty_cap_15_outsideのコピー

458228389  201   6

付与されたメーカー番号 + 自分でつけた3桁 + 確認番号

CDに貼るJANコードはバーコードなので、この番号をバーコードに変換しなくてはなりません。

WindowsならフリーソフトのMiBarcode

http://homepage3.nifty.com/m-and-i/freesoft/mibarcd/mibarcode.htm

MacならAPPストアで売ってるEANEncoder(200円)

https://itunes.apple.com/jp/app/eanencoder/id458594545?mt=12

このバーコードでAmaozonは商品管理をしますので、CDのどこかに付ける必要があります。CDのインレイや帯に印刷、またはシールに印刷してCDに貼り付けでもOKです。

シールの場合、うちはこれを使用しています。

エーワン ラベルシール インクジェット 44面 20枚 28943
エーワン(A-one) (1995-05-22)
売り上げランキング: 5,048

印刷ソフトはフリーソフトのラベル屋さんからDL。

ラベル屋さん.com
http://www.labelyasan.com/

このシールをCDに貼り付ければOKです。

あとはamazonから来る納入依頼の数のCDを送ればOK。

めでたくAmazonに並びます。

Melty Angel / 最強! アホ毛伝説
手登根優貴
Transistar (2014-10-29)
売り上げランキング: 419,561

かかる費用の合計

9,000円(e託年会費)+1,200円(JANコード申込書)+10,800円(JANコード3年)=21,000円

掛率は同人ショップより割の良くない60%、そしてamazonは大量の在庫を置いてくれないので、毎週ちまちま納入依頼してきます。それこそ1枚から。その送料もバカになりません。

とはいえ、即売会1回出るのにもそこそこお金かかるわけですから、すこしお金かけても、自分の作った作品を多くの人に手にとってもらいやすいamazonで販売する価値は大きいと思います。

ちなみに、版権元の許可を得ずに2次創作物を売るのはやめておいたほうが良いです。

ざっと紹介してみましたが、実際にやってみよう!と思った方はしっかりamazonの説明を読んでやってみてください。それほど難しくはないです。